2015年01月18日

GOKISO !

各地のレースで使用選手が優勝したり、TVに取り上げられたりで最近お問い合わせを受けることの多いGOKISOホイール。
gokiso_product_hubph06.jpg
超高精度ベアリングと高剛性シャフト、そして独自の内部弾性体構造で驚異的にスムーズな回転性能を実現したホイールです。

元々はハブ単体での販売がメインだったのですが、現在はハブの性能を生かして転がり抵抗を極限まで減らすためにはホイールトータルでの設計が必要だということで、ロード用に関してはホイールセットのみの販売になっています。

ハブの重量増を補って余りあるほどのスムーズな回転は納得なのですが、「転がり抵抗の低減」のための完組ホイール設計へのアプローチがどうにも腑に落ちないところがあったので、当店で試乗ホイールとして準備中の30mmハイトのカーボンクリンチャータイプを、まずは自分の自転車の装着してじっくり試してみることにしました。

まず乗ってすぐに感じたのが、
・走行中に足を止めて、フリーを空転させた時に異様に長く滑走する。
ベアリングが高精度なのはもちろんなのですが、フリーも超精密加工されたもので92等分型ラチェットという驚きスペックなので、他のホイールとフリーの抵抗感がまるで違います。
レースの集団内で足を止めた時などは明らかにわかるんじゃないでしょうか。

・ホイール全体の剛性感は意外と高い。
他の方のインプレッションを見ると振動吸収性の良さを挙げている方が結構いますし、内部弾性構造のイメージもあって柔らかな感じを想像していたのですが、リムの剛性が高いのもあり縦方向の剛性は結構高く、荒れた路面の細かな振動は結構伝わってきますね。
考えてみたら内部弾性はベアリングの衝撃荷重を緩和するためのものなので、そんなに簡単に変形したら意味ないですもんね。そういう意味では「振動吸収」ではなくメーカーの謳う「衝撃吸収」という言葉が正しい気がします。
実際、路面の段差や穴などを超える際の大きな衝撃は角がとれて伝わる気がします。

まだトータルで100kmほどしか乗ってないですが、少し乗ってから感じ始めたのは
・乱れたペダリングをしても自転車がスムーズに進むので、ペダリングのロスも軽減される。
表現が難しいんですが、3本ローラーに乗った人ならわかると思いますがペダリングトルクの掛け方が著しく不均一になると自転車が前後に揺れますよね。クランク上死点に向かって綺麗に足を引き抜けないと自転車にブレーキが掛かるような状態になるからだと思いますが、この状態が軽減される気がします。
登り坂のシッティングでトルクを掛けても同じような状況になりがちですが、トルクが不均一でもブレーキが掛からずスムーズに進んでくれるのでペダリングがしやすい感覚がありました。
まだ確証は持てないんですけど、プラシーボ効果なのかホイール付けてすぐの帰り道で約一時間のペダリング効率が56.9%と過去最高を記録したので、ペダリングに対して悪くはならないと思います。


良いところばかりでなく、不満を感じた部分もあって
・回転方向への転がり抵抗は良いが、横方向の動きに対して重い感覚がある。
これが重いリムによるものなのか、ナローフランジによる横剛性の低さなのか、はたまたホイールバランスの悪さによるものなのか(バランスはとても悪かったので今度調整してみようと思ってます)
まだ掴めてないのですが、路面のうねりやペダリングの乱れで自転車が横へ少し振られた時にリカバリーするのに他のホイールより明らかに重さを感じます。腰砕けなアンダー感とはちょっと違う気がするんですけど、ホイールが持って行かれるような感覚があるんですよね。

・純正ブレーキシューの効きはあまり良くない。
コントロールはまぁまぁしやすいんですが、絶対的な制動力は低いです。リムへの攻撃性を抑えるためには仕方ないんでしょうけど、減りも速いのでロングライド等で使うためにはもう少し改善されるといいんですが。


まだほんの少し乗っただけなので解らない部分も多いですが、かなり良い感触です。
もうしばらく乗り込んで、「転がり抵抗」への疑問も含めた感想を書きたいと思います。
posted by 店長 長谷川 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ

2015年01月11日

メーターマウント

GARMINやPIONEERなどのメーターをすっきりと装着したい方に、当店ではREC-MOUNTSK-EDGEのメーターステーが人気です。
カメラやライト類も同時に装着可能なモデルも有ります。

自分で使っているPIONEERのメーターSGX-CA900も、使用中のハンドルと純正メーターステーの相性がイマイチできれいに取り付けできないので、REC-MOUNTSのNEWモデルを使ってみました。
blog20150111recmount2.jpg
ステムのキャップボルトをロングボルトに置き換えて共締めして取り付けるTYPE17というモデルです。

メーター取付部はGARMIN互換形状になっているので、PIONEERのメーター裏側に
blog20150111recmount3.jpg
こんな感じで超強力両面テープでGARMIN互換の台座を取り付けるGM-3Mというアダプターを使います。

blog20150111recmount1.jpg
すっきり収まりました!

3Mの両面テープはかなり強力なので、しっかり脱脂して付ければ大丈夫だとは思いますが、念のためPIONEERであれば純正で付属している脱落防止ストラップも併用したほうが良いかと思います。
また、GM-3Mアダプターは4つ爪でREC-MOUNTSの台座専用に作ってあるので、他のGARMINタイプの台座には組み合わせできませんのでご注意下さい。

ステム共締めの構造も、現物を見るまではちょっと不安だったんですけど、思ったよりもしっかり取り付けできました。長く使ってみて緩み等でないかどうかチェックしてみようと思います。
posted by 店長 長谷川 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ

2014年01月28日

ペダリングモニターでわかったこと

sgy-pm900h79_1.jpg
PIONEERのペダリングモニターを使い始めて半年経ち、自分のペダリングを分析していると色々と気付かされることがありました。

まぁ人間工学の専門家でもなんでも無いですし、思い込みもありますんで話半分で見ていただければいいかと思います。
PIONEERの特設ページに解説されている用語を借りながら説明すると、
pioneer01282.gif

(1)上図の「踏み脚」部分の入力は、脚そのものの重さにかなり依存する
ここ数年ペダリングを上達させるために、思うところあって上図の「押し脚」と「巻き脚」部分を、あえて意識して力をいれるようなペダリングを試みていました。
ペダリングモニターを導入して実際にベクトルを見ながらそこに力をいれて、「踏み脚」部分はかえって力を抜いてただ脚をペダルに乗せるだけのような感覚でペダリングしてみても、ベクトルの大きさは「踏み脚」が一番大きいぐらいなのです。
つまり、脚の自重によるトルクがかなり大きいことを示しているのではないかと。
体の大きさ(=脚の重さ)にもよりますが、自分だと感覚的には300w程度までは脚の重さがペダリングトルクのかなりの部分を占めている感じです。

脚の重さによるペダリングへの影響に関しては、「引き脚」をしっかり使ってロスをなくすことはよく認識されていることですが、踏み込みへの関与は意外と認識されていないように思います。
ポジションや、筋肉の使い方そのものにも大きく関わってきますが、さらに文が長くなるのでそれはまた後日。

(2)左右のペダリングは思った以上に差が大きい
出力も、効率も、左右で思った以上に差がありました。私は右ききなので、出力で10%程度、効率は5%程度右の方が高いです。
Power2MaxやVectorなどでも左右比率で出力の差を簡易的に見ることはできますが、数字のあやで比率「48:52」程度だと大して差がないように感じても、実際には出力にすると10%程度差があるんですよね。

さらにペダリングベクトルを見てみると、
pioneer01281.gif
自分の場合、常に青丸部分で差が出ていることがわかりました。

左の方が明らかに、「巻き脚」のところで下方向へ力が入ってしまっています。これだと接線方向への有効な力は少なくなり、効率も出力も落ちますね。筋力の差だけではないということです。

じゃあこれをどうやったら改善できるのか??
色々と考えてみると、自分なりに次のような傾向があるのではと思いました。
pioneer01284.gif
そもそも右ききな上に、小中とサッカーをやっていたこともあって、「左脚を軸にして右脚を自由に動かす」癖が強くついているようで、左脚は各関節を固定して体重を乗せるような状態になりがちです。
その結果、上図のような位置関係になり、左はクランクから離れるようにクリート位置を設定し、足裏に親指側が浮くようなカントを右足より多めにいれてカカトから踏み込むようなペダリングがなんとなくしっくりくるようになっていたみたいです。

そこでクリート位置を調整した上で、左足先の底屈と、「巻き脚」をしっかり意識しながらペダリングすると、多少感覚と数値がよくなりました。


ペダリングモニターは、思っていた以上に自分のペダリングの癖について様々な情報を知ることができます。
確かに高価なんですが、少ない時間を有効に使って強くなりたい!と思っている社会人レーサーの方には非常に有効なツールだと思います!


下図は先日の走行会で、イヅルさんとアマノさんに引き回されているときに出たベクトル。これぐらいの効率がいつも出せるよう、さらに色々研究しながら使い込んで見たいと思います。
pioneer01283.gif
posted by 店長 長谷川 at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | インプレ

2013年11月21日

アダモ

思うところあって、当店お試しサドルの中でも一番のキワモノに手を出してみました。
ism_adamo002.jpg
ISM ADAMOシリーズのサドルです。

キワモノと言っても、トライアスロンでは既に絶大な支持を得ているようですし、TTバイクに装着する方もかなり増えているので意外とメジャーかもしれません。
前傾を深くとっても股間の圧迫を防ぐために、まるでクワガタのような独特な形をしています。

では普通のロードレーサーに使うとどうなるか?

当店には4つのADAMOシリーズがありますが、まずはあえてロード用ではなくもっともキワモノな形をしていると思われる上の写真の「TIME TRIAL」を付けてみました。

標準のセッティングとしては、普通のサドルの先端5cm程度が切り取られてなくなったものと思って取り付ける=通常より5cm程度後ろに引いて取り付けて、お尻の半分だけがサドルの先端に乗るイメージみたいです。

これできつく前傾をとっても圧迫がありません。(当たり前ですね、サドルが無いんだから)
パッドはかなり厚めに入っているので、先端にちょこんと乗るイメージでも振動吸収性は全く問題無し。
自分はいままで真逆の全くパットが入っていないSMP CARBON LITEを使っていたのもありますが、かなり凸凹のある路面に下ハン持って前傾したままサドルに腰を下ろして突っ込んでいっても全然大丈夫なレベルでした。

座面はフラット気味なので、ブレーキングやコーナーリング時に腰を大きく後ろに引く動きもやりやすく問題無し。
ただ「TIME TRIAL」は、て全長が245mmとロード用モデルに比べ短く、腰を後ろに引いたとき最初は「サドルが短い!」と感じましたが、慣れのレベルです。


とりあえず60km程度走っただけですが、思った以上に良くて拍子抜けでした。
「骨盤を大きく寝かせて」乗るタイプの人や、TTバイクにはかなり効果的じゃないでしょうか。

ただし、ちょっと使っただけですが問題点もあります。

・重い!!どのモデルもほぼ300gオーバーです。今まで使ってたサドルが170gだったので、ダンシング時などにはっきりわかるぐらい違います。もうちょっとパッド少な目でもいいから軽量モデル作ってくれればいいのに。最軽量が上記の「TIME TRIAL」ですが、それでも280gぐらいあります。

・作りが雑。先端の二股に分かれた部分が左右でビミョーに形・大きさが違ってたり、裏をみると廉価版サドルのようにホッチキスで表皮をバチバチ留めてたり、2万円超えるサドルにしてはちょっとな〜という出来具合ですね。

・デザインが・・・好みの問題ではありますが、ロードレーサーに付けるとかなり違和感ありますね・・・。

・先端が結構幅広なので、膝をすぼめて内股気味でペダリングするような方は、少し腰をひいてペダリングしたときなどは内腿にサドルがこすれてしまうと思います。トライアスロンやTTのようにほとんどの時間をサドルの最先端に座っていれば問題ないでしょうが、マスドスタートのロードレースやロングライドとなるとそうもいかないですよね。


私も擦れて困るほどではないですが、ちょっと内腿が当たる時があって先端の幅が気になったで、
先端がやや細身にできている、ロード用の「BREAK AWAY」というモデルに付け替えて、また試してみようと思います。
ism_adamo005.jpg
posted by 店長 長谷川 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ

2013年11月12日

ライトソック

2014モデルというわけではありませんが、
最近取り扱いを始めた商品の中で、個人的に最もヒットだった商品
WRIGHTSOCK COOLMESH II Quarterソックスです。
mesutta001.jpg
mesutta002.jpg
まるでガーゼのような柔らかな肌触りで、伸縮性に富む素材をダブルレイヤーにした特殊なソックスです。

厚みが薄すぎず、厚すぎず絶妙で、柔らかさと相まって、履いていることを忘れさせるような履き心地です。
2重構造なので踏み込んだ時の「ズレ」を心配したんですが、2つの層を独自の縫製で3点留めしているという謳い文句通り、ほとんどズレ感を感じさせません。
インナーレイヤーがうまく湿気を吸ってくれるのでムレる感じもほとんど無いです。

非常に柔らかい素材なので耐久性はどうか?と思い、この一月ほど自転車に乗るときは必ず履いて、洗濯して、を繰り返してみましたが、破けたり足首部分が伸びてしまったりということも無く。
(繊維が細く毛玉はできやすいようなので、裏返してネットに入れて洗濯したほうが良いです)

耐久性の高さと履き心地から、今までデフィートのエアイーターがお気に入りでしたが、久々にそれと肩を並べるヒットです。

他になかなか無い蛍光色のラインナップも面白くて始めましたが、性能も抜群でした。
価格1890円と、そんなに高価では無いので是非一度お試し下さい!
posted by 店長 長谷川 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ

2013年02月25日

675と800と853

ちょっと(かなり?)間が開いてしまいましたが先日の試乗会で自分も乗らせてもらったNewモデルの感想を少し。

• LOOK 675
cyclemode2012_look675wht.jpg
事前に代理店の方から結構硬いですよと聞いていましたが、思った以上にカッチリした乗り味でした。
今時のカーボンバイクはダウンチューブ〜チェーンステーをしっかり造ってパワー伝達を良くし、トップ〜シートステーはしならせて振動吸収というトレンドですが、675は全体的にバランス良く硬かったです。どこかだけ柔らかいというのが無いので攻めた走りをしても扱いやすいと思います。
エンデューロやホビーレースに出る人には良く進んでいいかも。ロングライド専門に使うには独特のポジションも含めて硬くてきついかな…という感じです。

GDR T800プロトタイプ
発売直前Newモデルのプロトタイプに乗らせてもらいました。
今メテオスピードに乗っている感覚からほとんど違和感無し。これで公表通り900g程度に収まっているのなら個人的にはかなり楽しみなんですけど…。
本日、製品版の詳細も発表されましたね。
gdr_t800_wht.jpg
ホワイトとブラックの2色展開で100台限定です。スケルトンはMETEOR LUNCHと同一のようです。
定価420,000円と少々(かなり?)お高いですが、高品質のカーボンを贅沢に使った独特の乗り味はおすすめです。

• Muller MF853
新製品では無いですが、以外と?試乗会で好評だったレイノルズ853クロモリフレーム。
最初に乗った時の走りの軽さが衝撃だったので、皆さんにも良いと言ってもらえて安心しました。
product_mf853_1.png
後日もう一度感覚を確かめるべく乗ってみたんですが、やはり他のクロモリとは一味違う走りの軽さは健在でした。
しなやかだけど、しっかりとした芯があり、淡々と踏んでもスプリントしてもよく進みます。

さらにメーカーさんに新製品の「MLspt」も乗らせていただく機会があり、比べてみましたが853よりもぐっと硬い乗り味でしたね。バランス良く硬いのでパワーのある人にはよさそうでしたが個人的には853のほうが好みかも。
muller_mlspt.jpg

さらにさらに、本日ZAMBIKESの代理店の方にご来店いただき、初めて試乗しました。
blog20121203_zambikes1.jpg
いや、思ったよりもいたって普通に?走りましたよ。ソフトな乗り味ですが今乗っているMETEOR SPEEDより気持ち柔らかいかな?という程度で快適でした。コーナーリングや変速等も全く問題無しです。

さらにさらにさらに、試乗ではありませんが先日SCOTT2013モデルの展示会がようやく開催されたので行ってきました。
紹介ページをつくりましたので興味のある方是非見てください。
価格がかなり下がってお買い得ですよ。
posted by 店長 長谷川 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ

2012年11月13日

MULLER ML853

とある事情で、一瞬だけMULLER ML853の試乗車がやって来ました。

すぐ返さないといけないので、他のスタッフのいない間にひとりでこっそり試乗です。
ml853_003.jpg
メーカーさんには「反応のいい、男らしい走りをしますよ!」と言われてましたが、果たしてその通りでした。見た目に良い意味でだまされるバイクです。

フォークの先からヘッド・BB・リアエンドに至るまで、剛性バランスがとっても良いです。どこかだけ硬い・柔らかいというのが全然なく、フレームとフォーク全体でつくるバネ感のある剛性感がとっても心地よいです。
ダンシングでも、トルクをかけたシッティングでもスッと進んでいきます。
ハンドリングが他のMULLERに比べてキレのあるセッティングで、前傾をとって体重を掛けて行くとぐっと切れ込んでいきます。ダンシングの振りも軽いです。その代わり、安楽ポジションで軽いギヤを淡々と回すような走りのときは、他のバイクに比べて若干不安定さを感じるかもしれません。
こりゃ見た目の落ち着きとは裏腹に完全なロードレーサーですね。安定感をとにかく重視したい方は「ML」のほうがいいかもしれません。

クロモリフォークが重さを感じるかな?と思いましたが全くそんなことは無く。アテナ(アルミ仕様)フルセットにKSYRIUM SLをつけて、ハンドル・ステム・ピラー・サドルは重量級でしたが、私のZEROチタニウムペダルを付けて8.6kgでした。9000DURAで組んだら簡単に7kg台にはできそうです。ブラック×シルバーのカラーリングが、9000DURAとぴったりなんですよね・・・

各部のつくりは非常に綺麗でした!これをお飾りにすることなくレースやイベントでがっつり走ってたらカッコいいと思います。
ml853_005.jpg
ml853_008.jpg
ml853_009.jpg
ml853_010.jpg
ml853_012.jpg
ml853_015.jpg
posted by 店長 長谷川 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレ