2014年12月22日

ご無沙汰してます

至って元気にしておりますが、ブログはすっかりご無沙汰でした。

2月に新車用のフレームを手に入れたものの、忙しさを言い訳にして手つかずでしたが、某有名店のお友達店長さんのこんな素敵なカスタムバイクを見せていただいて
bonsai_independent.jpg
(Independent Fabrication)

大いに刺激を受けたのと、こっそりサイスポ店長選手権も有ったりで、ようやく重い腰を上げて新車を組みました。
tyrell_rx_20141104.jpg
フレーム:TYRELL RX(COLUMBUS LIFEクロモリ)
メインコンポ:DURA-ACEワイヤー
ブレーキ:EE BRAKE
ホイール:RACING ZERO 2-WAY
タイヤ:VITTORIA OPEN CORSA SC
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Ti
サドル:ISM ADAMO ATTACK
メーター:PIONEER ペダリングモニター
ハンドル:ONEBYESU J-CARBON
ボトルゲージ:ELITE MOREO INOX
といった仕様です。
フレームカラーはカドワキコーティングの粉体塗装でオーダーできるのが特徴なので、「グランブルー」で指定しました。フォークはアクリル塗装ですが、「カメリアレッドメタリック」、ロゴはステッカーで「ゴールド」を指定してあります。

乗り味はこれぞクロモリという安定した走りで、最初に驚いたのが思った通りのラインをトレースできる抜群のハンドリングの良さでした。超軽量カーボンのような弾ける加速感はありませんが、ENVEのカーボンフォークとの剛性バランスも秀逸で、踏んでいくとフレーム全体でいやな振動をいなしつつググッと伸びていく感覚があります。
今は練習不足で自分の体重が増えすぎて、、登りの実力は未知数ですが、しっかり乗り込んでレースでも使ってみたいと思います!

ついでに最近入荷したこんな飛び道具も取り付けて、性能試験もしています。
edco_monoblock1.jpg
EDCO(エドコ)のモノブロッククロモリカセット11sです。
鍛造クロモリのインゴットを大胆に削り出し、高い剛性と超軽量を両立した代物です。
edco_monoblock2.jpg
重量と価格はDURA-ACE 11sとほぼ同等。最大の特徴は旧型の10s用フリーボディにも装着できるようボディ装着部をオフセットして幅を狭めて作ってあるところです。シマノの7900系ホイールなど、11s化にあたって使用を諦めていたホイールに装着が可能です。(もちろん現行の11S用ボディにも装着可能です)
また、シマノ純正には無い12-27T、11-29Tなどのラインナップも面白いですね。

実際の取り付け調整については、あらゆる10sホイールに取り付けできるというわけではなく、組み合わせによってはフランジと干渉してしまったり、ディレイラーのゲージとスポークが干渉してしまったりする場合もあるので、必ず現物に合わせて検証が必要です。

長く使ってみて、変速性能や耐久性を試してみますね。
posted by 店長 長谷川 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記